ダイエット

前のページへ  次のページへ

(3)成功するダイエットの実践

 


太る体質の方に共通している事

1.食べる量が多い(甘いものかどうかは関係ない)
2.疲れやすい
3.体が硬い

ただ、1番については必ずしも、食が太い方ばかりではないというのが事実です。
しかし、2と3は必ず共通しています。

これは、前章までに書いた筋肉の質によるものです。

そこで必要な事は何かというと、

1.柔軟な体にする
2.脂肪を燃焼できる筋肉を作る。

ただ、実はこれは密接に結びついていて、別々の事ではありません。「体が硬い」という状態を「関節が硬い」と思っている方が多いようですが、実は筋肉が十分に伸び縮みしない事が体が硬い原因です。 つまりどちらも、問題は筋肉なわけです。

では、実際にする事です。

1.毎日欠かさず、寝る前に全身のストレッチを入念に行う。
2.適度な運動を週に3~4日以上は行い、筋肉の燃焼効率をアップさせる。

たったこの2つです。

ストレッチが「寝る前」なのは、その効果が最大限になるからです。せっかくストレッチで伸ばしても、その後使用すれば、筋肉は縮みます。1日の中で、筋肉をもう使うことがないのは寝る前です。 そして、このストレッチは毎日意識してやればいい事で、苦になる事はなく、慣れると、しないで寝るのが気持ち悪いほどになります。 書店にストレッチのやり方についての本が沢山出ていますので参考にしてください。

問題なのは、適度な運動です。 週3~4日以上適度な運動と書きましたが、これは、個人差があり、どんな運動でどのくらいの運動量が良いかは、個別に決める必要があります。

注意しておきますが、普段、運動しない方がいきなり「ジョギング」「テニス等のスポーツ」なんていうのは厳禁です。

序々に体を慣らす事が必要です。あまり、運動しない方は、ウォーキング、水泳、自転車などが適当です。 最初から負担のかかる事はしてはいけません。

そして、ここから長い道のりが始まります。 やせてくるまでに、個人差がありますが、当然の事ながら、努力と継続が必要です。 しかし、途中でくじける人がほとんど・・・ですよね。